man killing insect

住宅の天敵

シロアリが好まない環境を作る事が大切

killing insect

シロアリは住宅の木材を食べてしまうため、発見したら駆除する必要があるのです。ここでは住宅をどのようにする事で、シロアリが住まなくなるのか紹介していきます。シロアリがもっとも好む環境は、湿度が高くて餌となる木材がある場所です。また温かい場所によく巣を作るのです。ですから住宅を建てる時には、そういった環境にならないような住宅を建てる事が重要なのです。住宅の被害が多い場所が床下なのです。ですから床下で重要なのは、風通しを良くする事で床下の湿度を低くする事です。それには床下の換気口を増やす事で、対処できるのです。また床下は住宅を建てた時の木くずが落ちている事が多いのです。このままだとシロアリの餌にされてしまうため、床下の木くずは掃除しておくと良いのです。

床下の風通しをよくする事が大切

床上高さをあげる事で風通しがよくなり温度が下がるため、シロアリの対策としては床上をあげた方が良いのです。床下の中でも特にシロアリの被害にあいやすい場所が、水まわりの周辺なのです。最近はユニットバスの基礎を断熱材で覆ってしまう施工がなされている事が多いですが、この施工方法は地面が温まってしまうため、シロアリが住み着きやすいので注意が必要です。またシロアリというのは、餌を食べる場合に下の方から食べるのです。ですから住宅の柱を地面に接地させる事で、柱を食べられてしまうのです。そのため住宅の柱は、基礎の上に設置するようにする事が重要です。このようにシロアリにとって、住みにくい環境を作ってやる事で、シロアリの被害を防ぐ事ができるのです。